加古川ボードゲーム会

参加者(どなたでも)募集中。アグリコラ専門ボードゲーム会。兵庫県加古川市

平成25年10月 カルカソンヌ、アグリコラ、モノポリー

■カルカソンヌ、アグリコラ、モノポリー■

①たろうさん、碧空さんからアグリコラのイントロ。私と猫さんでカルカソンヌタイマン
②シロさん到着後、全員でアグリコラとモノポリーを1戦ずつ
③その後、勝ち負けは関係ないレジスタンスというゲーム
④最後にシロさんにカルカソンヌのイントロをする


 アグリコラは碧空さん以外は全員初めての実戦でしたが、それぞれが試合前に配られた自分の職業・小さな進歩カードを30分ほどかけて熟読してから始め、1手ごとに時間をかけた、本気で勝ちにいくピリピリしたムードの真剣勝負になりました。

※今回からいずれのゲームでも資料・戦略虎の巻の持ち込みをオッケーにしました。

----------------------------------------------------------

第1戦 カルカソンヌ

勝利 そるじゃー 122点
敗北 チェシャ猫  90点 先手

そるじゃー カルカソンヌ3戦全勝!

2人戦のためレーティングは無し
戦績には含める


------------------------------------------------------------

第2戦 アグリコラ

1番手 たろう
2番手 碧空
3番手 そるじゃー
4番手 チェシャ猫
5番手 シロ

私のところには、イチゴ集め、斧、レンガの屋根がきていた。
初手イチゴ集め。その後斧。葦石木、葦石木、増築、レンガ、石、レンガ暖炉と、ステージ1は増築、食糧1確保、大きな進歩獲得と、完璧の流れ。

ステージ2のラウンド5で増員。穀物スコップ。畑、種をまく、パンを焼くで食糧5を確保。さらに増員。終盤ごちゃごちゃになってしまったが、途中までは非常にいい流れだった。

尚、たろう選手は家畜プレー、碧空選手家畜プレー、チェシャ猫選手畑プレー、シロ選手カードプレー。デスマッチのカリスマ、チェシャ猫選手と戦略がかぶってしまったのが痛かった。中盤以降ことごとくチェシャ猫選手にスタプレを取られ、自分は5番手に回るというデスマッチプレーに引きずり込まれてしまった。自分もスタプレを取るべきだった。

ただ、石の家に改築したり、それができなくなった時点で井戸をとったり、序盤から野菜をまいていたりと、もう少し早く気づいていれば勝てる要素も十分にあったが、終盤は後手後手に回ってしまったし、チョンボも目立った。

それでも唯一のアグリコラ経験者で天才軍略家の碧空選手をあと一歩のところまで追いつめたが、あと一歩足らなかった。しかし次回に向けての課題も見つかったので、次回は克服していきたいと思う。


勝利 碧空    36点
2位 そるじゃー 35点
3位 たろう   30点
4位 チェシャ猫 26点
5位 シロ    20点


碧空選手、7月のカタン以来3ヶ月ぶり2度目の優勝!! 

職業小さな進歩カードはまったくいいのがなかったようですが、それでもやっぱり勝ちました。もともとアグリコラは唯一の経験者で天才軍略家でもあるので優勝候補筆頭だったのですが、さすがの貫禄勝ちですね。おめでとうございます。
私とは1点差でしたが、まだまだかなり隔たりのある1点差だったように思います。


ひずみ                            1549
碧空               1505→1531
モルダー                          1525
そるじゃー    1522→1518
たろう           1520→1504
シロ               1487→1471
チェシャ猫    1424→1433

 

第3戦 モノポリー

1番手 チェシャ猫
2番手 そるじゃー
3番手 シロ
4番手 たろう
5番手 碧空


序盤さっそく碧空選手と私でダークパープルをまとめ、私が買う側でホテルを建てた。しかし誰も止まらず、その後、たろう選手ダークブルー、私ももう一枚のダークブルーを引いて、そこから苛烈な交渉合戦が始まった。

たろう選手と私のダークブルーをまとめる交渉はまとまらず。直後に、チェシャ猫選手と私で別の交渉が成立。私がオレンジを貰って独占するかわりにほぼ裸経営になるというもの。とはいえ、私には数百ドルは残っていたし、まだ誰もまとめていないし、GOを通れば家を建てて行ける、次のGOぐらいすぐ通れると踏んだのだったが…

ここからデスマッチのカリスマ・チェシャ猫選手がついに本領を発揮して、瞬く間に見事な手腕を展開する。チェシャ猫選手はたろう選手と交渉。ダークブルーとイエローのツーペーの交渉により、チェシャ猫選手イエロー、たろう選手ダークブルーをそれぞれ独占。

さらにシロ選手にライトブルー最後の1枚をを現金700ドルで売り、潤沢な資金を得た。シロ選手はライトブルーを独占。大量に現金を保有していたことと安いこともあり、ただちに家を12軒ぐらい建ててしまった。

たろう選手もダークブルーに1軒ずつ。チェシャ猫選手もイエローに数軒。

あまりにも早くみんがまとめて家を建てたため、私はもはやオレンジに家を建てられない状況になってしまった。

それから全員でノーガードの激しい殴り合いが始まった。この状況に私イエローを踏んであっけなく破産。堂々の最下位。

勢いに乗ったチェシャ猫選手はその後も圧倒的な強さで勢力を拡大し、たろう選手を破産させて勝利した。

優勝 チェシャ猫 6470ドル
2位 シロ    1319ドル
3位 碧空     830ドル
4位 たろう    破産
5位 そるじゃー  破産

チェシャ猫選手、今年3月のアクワイア以来7ヶ月ぶり2度目の勝利!! おめでとうございます!!

また、6470ドルと、2位との差5151ドルは、いずれも新記録の快挙になります。ダブルスコアどころではないですね。調べてみたところ、3倍はトリプル、4倍はクアドラブル、5倍はクインティプルというようですので、今回は2位と5倍差があるので、クインティプルスコアですね。2位と5倍の大差はモノポリーはもちろんすべてのゲームで初めてです。これは快挙ですよ。記録として後世に残すべきといえるでしょう。


ひずみ                            1549
モルダー                         1525
そるじゃー   1518→1515
碧空              1531→1502
たろう           1504→1489
チェシャ猫    1433→1481
シロ               1471→1470

それにしても今回も非常に盛り上がる熱い戦いでした。

 

 

--------------------------------------------

 

加古川ボードゲーム会 王者
第16代 ひずみ 2013年8月〜    防衛回数1

 

ボードゲーム通算記録
そるじゃー 84戦34勝
モルダー     69戦17勝
マシンガン 56戦11勝
あっし        67戦8勝
ひずみ        12戦4勝
たろう        12戦3勝
チェシャ猫 18戦2勝
碧空              9戦3勝
M氏              1戦1勝
U                 2戦1勝
ノートン      4戦0勝
ひとだま      1戦0勝
海夏             1戦0勝
シロ             5戦0勝


短時間ゲーム通算記録
あっし        43戦6勝
マシンガン 31戦8勝
そるじゃー 52戦14勝
モルダー     44戦13勝
チェシャ猫 17戦7勝
ひずみ          3戦2勝
海夏             1戦1勝
M氏             1戦0勝
ノートン     1戦0勝
碧空            2戦1勝