読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加古川ボードゲーム会

参加者(どなたでも)募集中。アグリコラ専門ボードゲーム会。兵庫県加古川市

持ち時間

今後の課題としまして、どうしても時間がおしてしまうという事があると思うのですが、それを解消するため、いくつかの方法を考えてみました。もし差し支えなければ、次回は一度それで試していただけたらありがたいです。

一つ目は、持ち時間有りにするということです。かねてからこれは考えていたのですが、なかなかいいタイマーが見つからなかったのですが、いいものを発見しました。

これは、各自、一手60秒のタイマーです。2分もできますが、長すぎるので1分です。1分でも十分長いと思われます。我々で、1〜2年前ぐらいのまだ慣れていない頃でも1人45分ぐらいでした。総手数が50手として、それでも1手1分もかかっていない計算になります。ですので、1手1分は、初心者でも大丈夫な時間です。

それから、ゲーム中に何回かは長考したい場面があるわけですので、各自、3回の時間無制限の無料の考慮時間を持つというようにしてみましょう。

つまり、考えあぐねて、持ち時間の1分を切ってしまっても、即敗北になるのではなく、時間無制限の考慮時間に入るわけです。ゆっくり考えていただいてかまいません。

ただし、無料の考慮時間は1人3回までです。4回目の考慮時間からは、ペナルティとして、さしあたり物乞いカード1枚受け取るというようにしましょう。

時間というのは、基本的には、家族コマをアクションスペースに置くまでです。家族コマをアクションスペースに置いたら、ただちにタイマーを押しましょう。するとそこから次の人に手番が移ります。資材を取ったり、柵を引いたりとかは、タイマーを押した後でゆっくりとしていただいてかまいません。

カードに関係するものは、家事コマをアクションスペースに置いて、カードを選んで出すか、カードは出さないと言ってから、タイマーを押しましょう。カードを出すまでが60秒以内であればOKです。カードの内容の読み上げは時間関係無しです。したがって、カードを読み上げている最中に1分きてしまってもかまいません。ゆっくりと読み上げてから、タイマーを押してください。

ご了承お願い致します。