加古川ボードゲーム会

参加者(どなたでも)募集中。アグリコラ専門ボードゲーム会。兵庫県加古川市

原点にこだわる

f:id:boardgamecircle:20170606021551j:plain


私のボードゲーム会の原点は、高校時代の友人グループ固定メンバー4人での定期的な開催の会です。スタンスとしてはガッチガチのガチであり、競技としてボードゲームをするということです。色々なゲームを次から次へとするのではなく、名作と呼ばれる面白いゲームをいくつかに絞ってそればかりやるというものです。


だからこれは当然ですが今でも変わっておりません。


ボードゲームはコミュニケーションツールだと言われます。私が捉えているボードゲームのコミュニケーションツール性というのは、仲間と定期的に集まる理由になるということです。


もしボードゲームがなく、飲みに行くぐらいしかなければ、中年に差し掛かり結婚して子供もいれば、年に1回ぐらいしか集まらないでしょう。月1で集まる理由がとくにないからです。仕事も違うし趣味も違うとあれば、会話も近況報告ぐらいしかもう無いので、月に1回も集まれば話すことがあまりありません。近況報告といっても、近況などもはやほとんど変わりません。ちょっとは変わりますが。


しかし、そうなれば、私の人生は職場と家の往復だけのつまらないものになるでしょう。そんなんでいいのか、全然よくはないだろう、と私は思うのです。


20代半ばから始まった高校時代の友人グループ4人固定メンバーでのボードゲーム会は、10年近く続きましたが、ついに1人が2012年に転勤で参加できなくなり、あえなく終了しました。3人に減ってしまったからです。


それからは、私の意向でオープンゲーム会として、会場を借りて、参加者を広く公募する形で始めました。3人ではボードゲームは十分に楽しむことはできないからです。ただ、この時、メンバーに1人はオープンゲーム会にするのにあまり乗り気ではありませんでした。自分は人見知りだから、知らない人と一緒にするのは苦手だというのです。このまま3人でやりたいということでした。


しかし、3人ではモノポリーもカタンもいまいちというか、やはり4人いなければ面白みは半減すると私は思い、その人に話して、一応納得してもらいました。