加古川ボードゲーム会

参加者(どなたでも)募集中。アグリコラ専門ボードゲーム会。兵庫県加古川市

5年前の2012年9月から、参加者一般公募のボードゲーム会としてスタートしました

f:id:boardgamecircle:20170707054126j:plain

古い友達とは頻繁には会わなくなる


私のボードゲーム会の原点は、高校時代の友人グループ固定メンバー4人での定期的な開催の会です。スタンスとしてはガッチガチのガチであり、競技としてボードゲームをするということです。色々なゲームを次から次へとするのではなく、名作と呼ばれる面白いゲームをいくつかに絞ってそればかりやるというものです。


だからこれは当然ですが今でも変わっておりません。ただ、メンバーの移り変わりはあります。これはどうしようもないことです。


ボードゲームはコミュニケーションツールだと言われたりします。そうした中で、私が捉えているボードゲームのコミュニケーションツール性というのは、仲間と定期的に集まる理由になるということです。


もしボードゲームがなく、飲みに行くぐらいしかなければ、中年に差し掛かり結婚して子供もいれば、年に1回ぐらいしか集まらないでしょう。月1で集まる理由がとくにないからです。結婚もしていて仕事も違うし趣味も違うとあれば、会話も近況報告ぐらいしか無いので、月に1回も集まれば話すことがなくなってしまいます。近況報告といっても、近況など、この年齢になればもはやほとんど変わりません。


しかし、交友関係が年に1回とかになってしまえば、私の人生は職場と家の往復だけのつまらないものになるでしょう。それは面白くないです。

公共のボードゲーム会に移行した経緯


20代半ばから始まった高校時代の友人グループ4人固定メンバーでのボードゲーム会は、10年近くその4人のメンバーでの月1回開催が続きましたが、ついに1人が2012年に転勤で参加できなくなり、あえなく終了しました。3人に減ってしまったからです。


それからは私の意向で、公共のゲーム会として、会場を借りて、参加者を広く公募する形で始めました。3人ではボードゲームは十分に楽しむことはできないからです。ただ、この時、メンバーに1人は公共のゲーム会にするのにあまり乗り気ではありませんでした。「自分は人見知りだから、知らない人と一緒にするのは苦手だ」というのです。このまま3人でやりたいということでした。


しかし、3人ではモノポリーもカタンもいまいちというか、やはり4人いなければ面白みは半減すると私は思い、その人に話して、一応納得してもらいました。

2012年9月から公共のボードゲーム会としてスタート


公民館みたいな所を借りて、参加者を一般に公募してのゲーム会に移行したのは、2012年のことですので、かれこれ5年前になります。


とは言いましても、ボードゲーム会を新たに立ち上げて開始したというのではなく、あくまでも前からの続きでした。そのため、戦績や記録等はそのまま継続されているのです。


だから、自分達が今までやっていたゲームである、モノポリー、カタン、アクワイアなどのゲームに絞って、ガッチガチの真剣勝負でやりますよ、ということにしていたのです。それは、それまでそういう風にやっていたからです。繰り返しになりますが、新しく始めたのではなく、続きなのです。だから同じスタンスでするのは当然のことなのです。

他のボードゲーム会から若干の圧力がかかりました


それで、他の会に比べたら少ないですが、新しい人も何人か増えて、そういう調子でやっていたのですが、それからは大変でした。


少し批判にさらされたと言いますか、「あそこはガラパゴスだよね」とか、「あそこは人数も少ないからすぐに潰れるよね」ぐらいならましな方で、「競技としてボードゲームをするのはやめろ」というようなことを、他のボードゲーム会の開催に携わっておられるような方から少し言われました。


他の方からすると、ボードゲームを世の中にとにかく普及させたいという強い思いがあるようで、それこそ普及目的でボードゲーム会をしているとすら私には思えるほどでした。普及という目的は、私にも無いわけではないので気持ちはわかるのですが。


ともあれ、当会のようにガチでやると、せっかくボードゲームに興味を持ってくれた人が負けてトラウマになるため、普及の邪魔になるということなのです。



ある日、あるゲーム会の主催者の方から、「初心者の方で、加古川にもボードゲーム会があるみたいですね、こんど行ってみようかと思ってるんですよ、という方がおられましたよ」と言われました。


私は、「それは大変ありがたいことです」と言うと、その主催者の方は、「でも私は、あそこに行くのはやめておいた方がいいよとその人に言いました」と言ったのです。


これは妨害ではないでしょうか。当会のことをよく知らずに、当会のことは表面的なことだけしかわからないのにそういうことを言って当会に興味を持たれた方を止めるというのは、ひどいように思います。


また、そもそもそういう事をなぜわざわざ私に言って聞かせてくれたのでしょうか。妨害した事をわざわざ私に言う必要はないと思うのです。


もしかしたら、このままガチを続けるのなら、悪いイメージを流布し続けますよという、なんらかの警告に近いものだったのかもしれません。恐ろしいことです。



私は、当会に来られた参加者に対して、他のボードゲーム会のことを批判したり、どこそこのボードゲーム会には行かないほうがいいというようなことは一切言っておりません。